Europe Journal

パリ・ロンドン在住スタッフや各ブランドのバイヤーが、ヨーロッパのトレンドやバイイングの様子などの日常をご紹介いたします。

2022.08.03

南仏へ行ってきました。

日本同様、フランスも猛暑です。

ただ、湿気が少なく日陰は風があれば涼しいので

比較的気持ちよく過ごせている今日この頃。

今回は夏らしい話題、南仏旅行ネタをお届けします。

 

まずはニース。
クレジットカードを受け付けないお店やレストランが沢山あり、

ちょっとしたカルチャーショックでした。

古い旧市街地が雰囲気あります。

 

 

 

名物の“ニース風サラダ”とアイスクリーム。

アイスは頑張っても一日2つまでしか食べられず、悔しい思いをしました笑

 

 

 

崖の上から見る有名な通り“プロムナードデザングレ”。

 

 

お次はピカソが愛した町とされるアンティーブ。

 

 

 

 

こちらは映画祭で有名な“カンヌ”のビーチ。

 

 

観光地として人気の“ロスチャイルド邸“へ一足伸ばしてきました。

 

 

 

 

 

 

続いて、地中海を見下ろす岩山の上にあり、天空の村とも呼ばれている“エズ村”
石造りの中世の街並みも素敵ですが、お庭からの眺めが絶景でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ続きます。お次はモナコ。
こちらが有名なカジノ・ド・モンテカルロ。

 

 

 

 

 

宮殿や丘の上から港をみてきました。

 

 

 

 

不動産アナウンスを見てびっくり。
45平米(リフォーム必要)の物件でなんと、1600000ユーロ(日本円で2億2000万ほど)

 

恐るべしモナコのアパート価格。
世界中の富裕層が集う高級リゾート地なだけあります。

 

 

お次はモナコとイタリアの間にあるレモンの街マントン。
のんびりした雰囲気でした。

 

 

 

 

 

 

こちらは高台に上った場所にある小さな街。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、ニースに帰る前に足ち寄った中世の雰囲気漂う村。
まるでタイムスリップしたような街並みです。

 

 

 

 

 

遠目から村を眺めるとこんな感じです。

 

車が故障したら買出しが大変だろうな、と現実的な事を考えてしまう私。。。

いかがでしたでしょうか。
次回もバカンス編でお届けしたいと思います。